MENU
CONTACT

#43 中井の東洋医学講座 第5弾 <変わった舌診>

<変わった舌診❗️>

 

こんにちは!代々木店副店長の中井です!

 

東洋医学シリーズ第5弾<変わった舌診>です!

第3、4弾を見られていない方は見てからご覧くださいね!

 

 

さて、変わった舌とはどんな舌でしょうか?皆さんの周りの人にもいるかも知れませんので周りの方の舌も見せてもらいましょう笑

 

まず、舌質の変わった舌診です。

<紫舌😝>

まず1つ目は、紫舌です。名前のまま、舌の色がブルーベリーを食べた後みたいに舌が紫になっている舌の状態です。そんな人いるの?かなり珍しいですがいます!

なぜ紫色になるのか?原因は血液がドロドロで流れが悪く、濁りがちだと下の色は青みを帯び、紫になります。舌の裏側の静脈も紫に浮き上がり、東洋医学では、これを「瘀血」と呼びます。更年期の女性に多い舌診で、食生活の乱れ、運動不足が主な原因になります。生活全般の見直しが鍵になります。

 

症状は冷え性、便秘、肩こり、腰痛が挙げられます。

改善方法は、食生活を改善し、血液をサラサラにし、適度な運動習慣とともに、血流を悪くするストレスや冷え、喫煙などを控えましょう。

 

具体的な食生活は動物性タンパク質と脂質の取りすぎ、そして野菜不足が血液がドロドロになる原因です。血液をサラサラにするには濃い緑色の野菜、青魚、玉ねぎが特によく、レンコン、唐辛子、少量であれば、お酒もいいです。調理にお酢などを使うと身体の温めをサポートしてくれます!

<歯痕舌😝>

次に歯痕舌です!これは下の周りに歯形がついてガタガタになっている舌の状態を指します。歯痕舌は体液の巡りが濁り、余分な水分が溜まっていることで起こります。つまり体がむくんでいると舌もむくみ、歯型がつきやすくなるのです。体液の巡りが悪く水毒状態になるということは、水分と塩分の取りすぎが原因に挙げれます。また疲れが溜まっている時にも現れやすいです。

 

症状はむくみ、めまい、疲労、下痢があげられます。

改善方法は、お腹を冷やさないようにし、定期的に軽めに運動を行いましょう。そして、早寝早起きなど、疲れを溜めない生活習慣も大切です。

具体的な食生活は水分と塩分の取りすぎに注意しましょう!

そして最後に変わった舌苔です。

<黄苔😝>

それは黄苔です。名前の通りで舌の苔が黄色になっている状態です。コーヒー飲んだ後は違いますよ笑

原因は急性か慢性の2パターンが考えられます。急性はウイルスや細菌に感染し、身体に熱が籠っている時になります。慢性は暴飲暴食と不規則な生活の蓄積で胃に負担がかかり、胃もたれが起きている時です。

 

症状は風邪などの感染症、胃もたれ、胃炎、腸炎が挙げられます。

改善方法は急性の場合は身体を休め、免疫力を維持することが大切です。慢性の場合は刺激物や揚げ物などの脂っぽいものを避けましょう!

 

今回で舌診シリーズは以上となります!皆さんの舌はいかがでしたでしょうか?わからないことがあれば、僕に聞いてくださいね!

 

次回もお楽しみに!

■Dr.トレーニング代々木店

代々木の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング代々木店〉

03-5309-2021

〒151-0053
渋谷区代々木1-32-9 吉川代々木ビル3階
>代々木のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>代々木のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP