MENU
CONTACT

#59 鶏肉で一番タンパク質が多い部位は? その2 【パーソナルトレーナーBlog】

皆さんこんにちは!副店長の中井です!

今回は前回の続き<鶏肉でタンパク質多い部位は!? その2>

 

前回をご覧になられていない方はこちらから!!

5358

今回は残りの鶏肉の栄養素と部位別のランキングを発表させていただきます!

最後の栄養素

最後の栄養素はトリプトファンです!

トリプトファンとは体内で合成されない必須アミノ酸です。 このアミノ酸は前回お話しさせていただきました!

 

食物から摂取したトリプトファンは、体内でたんぱく質の材料として使われるほか、余った分は肝臓や腎臓で分解され、エネルギー源として利用されます。

 

また、トリプトファンが脳に運ばれると、鎮静作用を持つ神経伝達物質であるセロトニンに、さらには松果体で睡眠誘導ホルモンのメラトニンに変わります。

 

このうち、セロトニンには催眠、鎮静、精神安定などの作用があり、不眠の傾向にある人やうつ病気味の人に役立つと考えられています。

 

トリプトファンの作用は、脳に運ばれるとビタミンB6やナイアシン、マグネシウムとともに神経伝達物質であるセロトニンをつくる原料になります。

 

セロトニンは、寝つきを良くする作用や精神を安定させる作用がありますが、不足すると睡眠障害や不安感が現れます。

 

また、セロトニンは脳の松果体でメラトニンに変わります。

 

メラトニンには、体内時計の調整を行う働きがあり、睡眠サイクルを正常にしたり、時差ボケを改善したりする効果があります。メラトニンは太陽の光を浴びて分泌されます!

さらに、トリプトファンには、体内で発生した活性酵素を除去する働きがあることから、アンチエイジングの効果があるとされています。

 

ほかにも、鎮痛作用、集中力や記憶力を高める作用、月経前症候群改善などが期待されています。

 

以上が鶏肉に含まれる栄養素ですね!

 

ついにランキング

 

さていよいよランキングの発表です!!

 

今回はスーパーなどによく販売されている若鳥100gでランキングをつけさせていただきました!

 

第4位

肝臓(レバー): カロリー:111kcal  脂質:3.1g タンパク質:18.9g

 

第3位

もも肉 カロリー:145kcal  脂質:5.9g  タンパク質:21.3g

 

第2位

ささみ肉 カロリー:105kcal  脂質:0.8g タンパク質:23g

 

第1位

むね肉 カロリー:116kcal 脂質:1.9g タンパク質:23.3g

 

これがお待ちかねのランキングです!!

むね肉とささみ肉タンパク質の量はさほど変わらないのですが、脂質の量で1kgほど違います!

 

そしてこれは生肉のランキングですが茹でたり、焼いたりするとタンパク質の量が格段に上がります

 

ささみ肉を茹でると、カロリー:125kcal 脂質:1g  タンパク質:27.3g

 

むね肉を焼くと、カロリー:195kcal  脂質:3.3g  タンパク質:38.8g

 

茹でるとタンパク質は少し増え、脂質もさほど変わりません。

 

焼くとタンパク質は大きく増え、脂質も増えてしまいます。

 

この調子方法を参考に皆さん鶏肉を食べてトレーニングしましょう!!

 

皆さんいかがでしたか?

 

次回もお楽しみに!

 

Dr.トレーニング代々木店

一瞬ではなく一生モノの身体作り

〈Dr.トレーニング代々木店〉

〒151-0053

東京都渋谷区代々木1丁目32番9号 吉川代々木ビル3階

電話番号:03-5309-2021

メールでのお問い合わせはこちら

info-yoyogi@drtraining-yoyogi.jp

Instagramはこちら

yoyogi_dr.training

Dr.トレーニング代々木店

中井力也 Nakai Rikiya

鍼灸師

■Dr.トレーニング代々木店

代々木の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング代々木店〉

03-5309-2021

〒151-0053
渋谷区代々木1-32-9 吉川代々木ビル3階
>代々木のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>代々木のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP