MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

#148 むくみはトレーニングで改善⚡️

皆さん、こんにちは!店長の中井です!

さて、今回は<むくみはトレーニングで改善⚡️>」です!

 

女性の方はむくみで悩んでいる方も多いと思います!

 

そんな方はぜひ見てってくださいね!

 

では今回もよろしくお願いいたします!

 

人間の身体は水💦

 

お酒を飲んだ次の日や座りっぱなしで仕事し続けてむくみが起きたなど多くの理由がありますよね。

 

そもそも人間は約60%が水分でできています。

その体内の水分の3分の2は、「細胞内液」という細胞の中に含まれる水分で、残りは「細胞外液」といい、血液に含まれる水分や、細胞と細胞の間を満たしている水分です。

これらの水分は、細胞に栄養を送ったり、老廃物を除去する役割を担っています。細胞や血管の中を行き来して体内の水分のバランスを保っているのも特徴のひとつです。

 

 

むくみの原因

 

そしてむくみを引き起こす原因として挙げられるのが、まず血流の低下。デスクワークの人が、夕方になると脚がパンパンになるのは、下肢の筋肉を動かさなかったために、足の血流が低下してしまうためです。

身体のなかでも、どうして足がむくみやすいかというと、それは心臓から遠くにあるから。特にふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たして血液とともに水を全身に巡らせているのですが、その足が全く動かずにいると重力の影響で水分が下半身にたまってしまうからです。

そして、塩分の取り過ぎもむくみと深い関係があります。

 

厚生労働省が推奨する1日当たりの食塩摂取目標量の目安は、男性が8g未満、女性で7g未満となっています。

しかし、厚生労働省発行の“国民栄養調査”によると、平成29年の食塩摂取量の平均値は9.9g(男女別に見ると、男性が

10.8g、女性が9.1g)。男性も女性もまだ塩分摂取量が多いようです。

 

身体には、体内の塩分濃度を一定に保つという機能があります。そのため、塩分をたくさん摂取すると、体の塩分濃度を薄めようと、体内に水分を溜め込むようになります。これが、塩分を多く摂るとむくんでしまう仕組みです。

さらに、塩分の強い食事ばかり摂っていると、味覚が慣れてしまい塩味を感じにくくなる可能性もあります。こうなると、体は常にむくんでいる状態になりかねません。

これと同じ要因でアルコールの過剰摂取でも起こります。

 

どうやって改善🔥

 

 

先ほども書いたことをまとめると、、

 

下半身の筋量と「むくみ」はとても関係性が強いです。

 

動などで筋肉が収縮すると周りの組織を押すため、細胞間にあった余分な水分が血管の中へと押し返されます。

また、静脈の壁もこのときに押されるので、血液も心臓の方向へと返っていきます

 

筋肉がポンプの役割をして、重力などで滞ってしまった細胞間の水分を血液にのせて循環させる役割をしています。

 

さらに、女性の場合は平均的に男性よりも、足の筋肉量が少ないため元々筋力が弱く、特に水分の滞りやすい足がむくみやすくなる原因となっています

 

つまり、下半身の筋肉量をあげることでむくみ改善になります。

 

よってトレーニングですね!!!

どんなトレーニングしたらいいかわからなければ、ぜひDr、トレーニング代々木店へレッツゴー

次回もよろしくお願いします!

Dr.トレーニング代々木店

一瞬ではなく一生モノの身体作り

〈Dr.トレーニング代々木店〉

〒151-0053

東京都渋谷区代々木1丁目32番9号 吉川代々木ビル3階

電話番号:03-5309-2021

メールでのお問い合わせはこちら

info-yoyogi@drtraining-yoyogi.jp

Instagramはこちら

yoyogi_dr.training

Dr.トレーニング代々木店

中井力也 Nakai Rikiya

鍼灸師

■Dr.トレーニング代々木店

代々木の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング代々木店〉

03-5309-2021

〒151-0053
渋谷区代々木1-32-9 吉川代々木ビル3階
>代々木のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>代々木のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP